あ行の奈良辞書一覧

あ行を表示。奈良にまつわる言葉を辞書として表示してます。

あをによし あをによし(青丹よし)は和歌などで使う枕詞。
奈良坂の付近で「青丹」を産したところから、「奈良(なら)」にかかる。「あをによし奈良」 。

和歌
「青丹よし(=枕詞(まくらことば))奈良の都は咲く花の匂(にほ)ふがごとく今盛りなり」
万葉集 三二八・小野老(をののおゆ)
奈良の都は、咲いている花が美しく照り映えているように今真っ盛りである。
鑑賞はなやかな奈良の都の繁栄を賛美したもので、「咲く花の匂ふがごとく」というたとえが巧みである。

奈良の公式観光紹介サイト。旧大和路アーカイブ。以前は大和路アーカイブという名前で奈良県の観光スポットを紹介していた。
ええもんストア 奈良テレビが運営している奈良の商品を限定して売っているWEBショップ。奈良の商品を購入したいときは見る価値あり。
依水園 依水園は、奈良市の中心部大仏殿でも有名な東大寺と興福寺の間に位置する日本庭園。

江戸期と明治期の異なる時期に作られた独特の世界観が魅力的な庭園。
卯之庵 奈良県香芝市にある日本料理のお店。香芝市が本店で、東京赤坂と大阪キタ新地にもお店がある。
奈良県香芝市下田東1丁目470番地
近鉄下田駅より徒歩10分・JR香芝駅より徒歩6分
TEL:0745-76-4416

大神神社 奈良県桜井市にある三輪大明神 大神神社、大和国一宮、二十二社(中七社)。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。奈良の人からは三輪明神、三輪神社、三輪さんなどで呼ばれている。三輪山がご神体で本殿を持たず三輪山をご神体として仰ぎ見る古神道の形態を残している。
天乃石立神社 天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)は奈良県奈良市柳生町の岩戸谷にある神社。戸岩山という小高い山の北麓、標高330メートルの山中に本殿を有たず、鎮座する巨岩を直接拝する形態をとる。『延喜式神名帳』に「天乃石立神社」と記載される式内小社で旧社格は村社。
社辺は戸岩谷と称し「一刀石」をはじめとする巨岩、巨石が累々とする景勝地で、沢庵によって「柳生十景」の一に数えられ、「万年渓」と名付けられた。
宇陀市 宇陀市は奈良県内では初めて、5年をめどに地域自治区制を導入し、旧榛原町・旧大宇陀町・旧菟田野町・旧室生村はそれぞれ榛原区・大宇陀区・菟田野区・室生区となり、旧町役場・村役場は地域事務所となった。宇陀市役所は旧榛原町役場を使用し、庁舎1階の一部で榛原地域事務所の業務を、庁舎2階、3階で宇陀市役所の業務を行う。 2007年(平成19年)5月より教育委員会は菟田野地域事務所へ移転。 なお、宇陀市の地域自治区制度は2011年(平成23年)3月31日をもって廃止された。これに伴い市内の住居表示も変更され、「奈良県宇陀市○○区▲▲(大字名及び番地)」となっていた住居表示は、2011年4月1日午前0時以降、「奈良県宇陀市○○▲▲」という表記となり、住居表示から「区」の文字が除去された。
明日香村 明日香村(あすかむら)は、奈良県の中央部に位置する村である。中央集権律令国家の誕生の地である事から飛鳥時代の宮殿や史跡が多く発掘されている事で知られ、「日本の心の故郷」とも紹介される。「飛鳥」の表記は、「あすか」にかかる枕詞「とぶとりの」の「とぶとり」を当てたもの。

ならかんのおすすめ奈良観光地

すばとり

すばとり

2017年12月15日にOPENした、九州地鶏にこだわったから揚げと手羽先を販売しているお店。 国道168号線沿いにあり、長尾西交差点で信号待ちをしていると目がいきます。 九州にこだわり、九州の地鶏と味付けをしているとオーナーがおっしゃっておりました。 味付けは醤油であっさりしていて、お店の中で揚げており、出来立てのから揚げを食べることができる。

たびじたく

たびじたく

もちいどの商店街から路地に入った古民家を改築して作られた商業施設2Fにあるお店。店内はこじんまりとしているが、奈良では珍しく御朱印帳がずらりと並んでいる。 その他、旅に欠かせない小物などもあり、色々買いたくなるお店。 オープンは2018年5月12日と新しく、お店もきれい。

マメタロウ商店

マメタロウ商店

馬見離宮と畿央大学近くにある国産大豆100%・天然にがり100%を使用している、豆の美味しさ、甘さを味わえるこだわりの商品が取り扱っているお店です。 なかなか見かけない、素材にこだわり手作りで作っているお豆腐は絶品!

柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社

柳澤神社は徳川家で大老格まで出世した柳澤吉保がご祭神の神社。明治13年に創建されました。

大迫ダム

大迫ダム

奈良県川上村にある、吉野川最初のダム。これにより、大和平野、紀伊平野が潤った

天香山神社

天香山神社

奈良県橿原市にある天香山神社、大和三山の1つ天香久山の麓に鎮座する神社です。天から降ってきた山の麓にある神社としても有名

葛城一言主神社

葛城一言主神社

第21代雄略天皇が葛城山中で狩りをしてた時に、天皇と同じ姿をした一言主神が現れて一緒に狩りをしたことで有名。地元からはいちごんさんとしても親しまれている、樹齢1200年の銀杏でも有名な神社です。

広告

TOPへ戻る