か行の奈良辞書一覧

か行を表示。奈良にまつわる言葉を辞書として表示してます。

けはや座 相撲の開祖『當麻蹶速』を顕彰する目的で平成2年の5月にオープンしました。館内には本場所と同サイズの土俵があり、小学校の遠足等によく利用されます。 展示土俵であるために自由に上がることができ、来館者に人気があります。また、所有資料も約12000点あり、特に書籍類、番付や星取表など充実しており学生のレポートや相撲愛好家によく利用されます。
キトラ古墳 キトラ古墳は、高松塚古墳に続き日本で2番目に発見された大陸風の壁画古墳。石室の天井には本格的天文図が、壁には四つの方位を守る神とされる四神や十二支の美しい絵が描かれている。被葬者はわかっていないが、年代などから、天武天皇の皇子、もしくは側近の高官の可能性が高いと見られている。
柿の葉寿司 柿の葉寿司は、酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、柿の葉で包んで押しをかけたお寿司。場所によっては、奈良県内のお店によっては昆布を巻いてから柿の葉を巻くところもある。柿の葉は食べずに、中身だけを食べる。

柿の葉寿司は紀の川の上流を産地として江戸時代に生まれたと言われている。醸造酢が普及した江戸中期以降、今に見られるような酢飯を使うようになった。以後は祭りや慶事に欠かせないごちそうとして珍重され、特に五條、吉野、大峯地方の名物料理として広まって奈良の名産品になった。
橿原市 橿原神宮がある。また万葉集で「香具山は 畝火(うねび)ををしと 耳成(みみなし)と 相あらそひき 神代より かくにあるらし 古昔(いにしへ)も 然(しか)にあれこそ うつせみも 嬬(つま)をあらそふらしき」と中大兄皇子が歌たった、大和三山である、天香久山、畝傍山、耳成山があり、藤原京もある日本の発祥の地ともいうべき場所。
紀の川 紀の川(きのかわ)は奈良県から和歌山県を経て紀伊水道に流れ込む川。源流は日本百名山の大台ケ原。
靴下 靴下は、奈良の地場産業の1つで、奈良県広陵町は生産量日本一。
香芝市 奈良県中和地区にある、大阪との県境にある市。西名阪香芝ICや中和幹線や奈良の南北を走る国道168号線など主要な道路があり交通の便も良い。また大津皇子のお墓などもあり、歴史的にも重要な場所。

ならかんのおすすめ奈良観光地

龍隠れの里に眠る秘宝イベント

龍隠れの里に眠る秘宝イベント

室生寺で毎秋に行われている、室生寺のライトアップと2019年11月22日(金)~24日(日)までは龍神伝説ドラゴンナイトウォークというイベントが行われている。 2019年のライトアップは 11月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、22日(金)~24日(日)、29日(金)~12月1日(日) で開催。 開催中は、室生寺仁王門にて光るボディーペインティングや、拝殿には龍神様が出現したり、スタンプラリーが行われています。

つのや

つのや

奈良の新名物!鹿の形をした生モナカが有名なお店です。鹿ソフトも大好評。 生モナカの賞味期限は5分!生モナカ、鹿ソフトはお持ち帰り出来ないですが、 バナナ味の鹿の角フィナンシェはお土産に最適!お店の前には記念写真用の角もあり撮って帰るだけでもOK 株式会社つのやは企画デザイン会社のCEOがやられているそうです。

すばとり

すばとり

2017年12月15日にOPENした、九州地鶏にこだわったから揚げと手羽先を販売しているお店。 国道168号線沿いにあり、長尾西交差点で信号待ちをしていると目がいきます。 九州にこだわり、九州の地鶏と味付けをしているとオーナーがおっしゃっておりました。 味付けは醤油であっさりしていて、お店の中で揚げており、出来立てのから揚げを食べることができる。

たびじたく

たびじたく

もちいどの商店街から路地に入った古民家を改築して作られた商業施設2Fにあるお店。店内はこじんまりとしているが、奈良では珍しく御朱印帳がずらりと並んでいる。 その他、旅に欠かせない小物などもあり、色々買いたくなるお店。 オープンは2018年5月12日と新しく、お店もきれい。

柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社

柳澤神社は徳川家で大老格まで出世した柳澤吉保がご祭神の神社。明治13年に創建されました。

大迫ダム

大迫ダム

奈良県川上村にある、吉野川最初のダム。これにより、大和平野、紀伊平野が潤った

天香山神社

天香山神社

奈良県橿原市にある天香山神社、大和三山の1つ天香久山の麓に鎮座する神社です。天から降ってきた山の麓にある神社としても有名

広告

s