奈良県古墳観光 / 8件の奈良観光穴場スポットを実際に現地に行って紹介!

奈良県古墳の観光穴場スポット一覧

古墳は、天皇、豪族など権力のある人のお墓です。奈良には数多くの古墳があり、県民も知らないような場所、現在はただの丘のようになってる場所など 数多くの古墳があります。特に桜井市にある箸墓古墳などは、古墳が出来た最古に近いものです。また、有名なところでは明日香村の石舞台古墳や 高松塚古墳、キトラ古墳などがあります。

安倍文殊院 | 安倍一族の氏寺!大化の改新創建の文殊様

安倍文殊院
住所 奈良県桜井市阿部645
公共機関(電車・バス) JRをご利用の場合

・名古屋~(急行)奈良(乗換)~桜井
・京都~(快速)奈良(乗換)~桜井
・大阪~天王寺~(快速)奈良(乗換)~桜井
・奈良~桜井(30分)
・難波~天王寺~(快速)高田(乗換)~桜井
・高田~桜井(15分)
・桜井~文殊院(タクシー)
・桜井~文殊院(奈良交通バス)

===

近鉄をご利用の場合

・特急:難波~上本町~八木(乗換)~桜井
・特急:京都~西大寺~八木(乗換)~桜井
・特急:名古屋~八木~(乗換)~桜井
※八木駅で急行か準急に乗換する(行先:宇治山田、青山町、名張、榛原)
・急行:上本町~鶴橋~(四駅停車)~桜井
自動車 ・西名阪道路法隆寺ICより45分
・西名阪道路天理ICより30分
・南阪奈道路葛城ICより20分
・国道165号線
・阿部交差点より直ぐ。
駐車場 駐車場あり
普通車:500円
第一駐車場、第二駐車場合わせて約200台

孝徳天皇の勅願によって大化改新の時に、左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)が安倍一族の氏寺として建立した。日本三文殊の第一霊場(京都府・天橋立切戸の文殊、山形県・奥州亀岡の文殊)「大和安倍の文殊さん」としても名高い。大化元年(西紀645)倉梯麻呂が創建した安倍寺(崇敬寺)は、現在の寺の南西300メートルの地に法隆寺式伽藍配置による大寺院として栄えていた。現在「安倍寺」跡は国指定の史跡公園として保存されています。

孝女伊麻の碑 | 松尾芭蕉も手紙を送った親孝行な物語

孝女伊麻の碑
住所 奈良県葛城市南今市461
公共機関(電車・バス) 近鉄南大阪線磐城駅から徒歩約12分
自動車 西名阪「柏原インター」を降りて国道165号線を奈良方面に20分ほど走り、兵家交差点の次のT字交差点を左折して2、3分
駐車場 2、3台止めれる無料駐車場あり

伊麻は寛永元(1624)年に農夫の子として生まれた。4歳年下の弟がいた。幼くして母を失い、2人の子連れの継母を迎えた。 13歳で伊麻は農家、弟は商家の丁稚奉公に。姉弟は一生懸命働き、両親に尽くしたが、継母は家を出てしまう。成人して弟は桶屋を開き結婚したが、伊麻は生涯独身で糸を紡(つむ)いで働き続けた。 大和で流行した疫痢で父が病にかかり、医者にも見放された。伊麻は父の回復を神仏に祈り続けた。ウナギの肝が病気に効くと聞き、姉弟は川を探したが見つからない。それでも伊麻は看病を続け、ウナギを探した。 ある夜、台所の水瓶から水が飛び出る音で目を覚ました。瓶の中を見ると大きなウナギが入っていた。父に食べさせると、たちまち全快。残りのウナギを村人に分けて多くの命を救ったとされる。「伊麻の父を思う心が神仏に通じた」と誰もが伊麻に感謝した。 この話を聞いた松尾芭蕉も、伊麻のもとを訪ねた。「今回の旅は伊麻に会ったことで充分だ」。芭蕉は友人に手紙を書いたという。伊麻は父が死ぬまで孝行を続け、晩年は仏門に入り名を妙徳(みょうとく)と改め、81歳で亡くなった。

芝塚古墳 | 昭和60年に発掘された埴輪や須恵器、土師器が出土した古墳

芝塚古墳
住所 奈良県葛城市兵家1448−1
公共機関(電車・バス) 近鉄南大阪線「磐城」駅から徒歩約20分
自動車 西名阪「柏原インター」を降りて国道165号線を奈良方面に20分ほど走り、兵家交差点の次の交差点を右折して2、3分
駐車場 なし

芝塚古墳は全長50m、後円部径35mの前方後円墳で東に面しています。更にこれを取り巻いて幅10〜17mの濠が巡らされていたことが、昭和60年の発掘調査で明らかになった。 後円部の埋葬施設は未調査ですが、前方部には内部に赤色顔料が塗られた箱形木棺(長さ3m、幅55cm)が土中に直接埋葬されていた。中から鉄刀一口、鉄製やじり数点が出土された。

綿弓塚 | 松尾芭蕉の野ざらし紀行で詠んだ句の石碑がある場所

綿弓塚
住所 奈良県葛城市竹内604
公共機関(電車・バス) 近鉄南大阪線「磐城」駅下車 徒歩15分
自動車 西名阪「柏原インター」を降りて国道165号線を奈良方面に20分ほど走り、竹内交差点の次の交差点を右折して2、3分
駐車場 無料6台程度

綿弓塚は、「野ざらし紀行」に「綿弓や琵琶に慰む竹の奥」とあり、この時代の好句を記念するため、芭蕉の没後150年を経た、文化六年(1809年)十月に建てられたもの。 この地は、芭蕉の門人「千里」の郷里で、芭蕉は貞興善庵に滞在している。その間當麻寺に参拝し諸仏を拝んだ。更に元禄元年(1688年)春再び訪れて、孝女伊麻に会って、その親を思う美しい心にこの上なく感激し、「よろづのたつときも、伊麻を見るまでのことにこそなれ。」と友人に手紙を送っている。

威奈大村墓 | 威奈大村骨蔵器が見つかった昔の火葬墓

威奈大村墓
住所 奈良県香芝市穴虫1485
公共機関(電車・バス) 近鉄南大阪線二上山駅から徒歩約10分
自動車 西名阪香芝インターを降りて国道168号線を南下
旭ヶ丘入り口交差点を右折、次の信号を左に曲がり1,2分道なりに走る
逢坂の交差点を左折し、2つ目の交差点(T字路)を右折駅前の踏切を渡ってすぐ。
二上駅近隣の駐車場に止めた後徒歩にて移動
駐車場 二上駅近辺に有料駐車場あり

慶雲4年銘金銅蔵骨器、現在大阪市の四天王寺蔵、金銅威奈大村骨蔵器が発掘された太古の火葬墓。 江戸時代に作られた大和名所図会には、 「穴虫山馬場村の農夫、近年(年月不詳)地を掘りて大甕(おおがめ)を得たり。甕(かめ)を破砕すれば、中に一つの銅器あり。身の下に円足あり。蓋に墓誌銘を小楷(しょうかい)にて彫りたり。その字鮮明にして、句読すべし。銅器は銷金なり。千余載を経て本質を変じ、紫緑二色相交わる間に、少し銷金の色をあらはす。蓋身とも口の渡り八寸、深さ各四寸、重さ四斤三両かり。墓名にに曰く、小納言正五位下威奈卿墓誌銘あり。」 と記載されている。

ナガレ山古墳 / 馬見丘陵公園内の広大な土地にあるナガレ山古墳は誰のお墓?

住所 奈良県河合町佐味田
公共機関(電車・バス) 近鉄田原本線「池部駅」よりタクシー利用
近鉄大阪線「五位堂駅」よりバス
自動車 西名阪自動車道「法隆寺IC」降車
駐車場 有り

奈良を観光するのって、案外大変で車がないとなかなか行けないところがほとんどです。 このナガレ山古墳は、バスで行くことの出来る古墳です。全長105mの前方後円墳。奈良には古墳が多いですが、その中でもこの広陵町にあるナガレ山古墳は大規模で行く価値のある観光スポット。

丹生川上神社中社 / 奈良で雨が降らない時はすぐここに来るべき!

丹生川上神社中社
住所 奈良県東吉野村小968
公共機関(電車・バス) 近鉄大阪線榛原駅から、奈良交通バス(四郷大又行き)で「蟻通」バス停下車
自動車 西名阪自動車道「天理IC」よりR169で桜井、R165で大宇陀を通り、R166で東吉野村へ。
名阪国道「針IC」よりR369で榛原方面、R370で大宇陀を通り、R166で東吉野村へ。
東吉野村からは、県道16号・220号を南下
駐車場 境内に無料駐車場あり。

主祭神は水一切を司る神様で水利の神として信仰され千三百年余り前の白鳳四年(675年)「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」との御神教により創祀せられ、雨師の明神、水神宗社として朝廷の崇敬された。

藤原京跡 | 大和三山に囲まれた日本最初の首都

藤原京跡
住所 奈良県橿原市醍醐町
公共機関(電車・バス) JR桜井線「畝傍駅」改札を東へ→橿原市公用車駐車場東角を右折→桜井線の踏切を渡る→踏切を渡った所から8つめの角を左へ→途中、左手におふさ観音→縄手(なわて)町交差点を直進→次の交差点右側が藤原京資料室(約30分)

近鉄大阪線「耳成駅」改札を南へ直進→地蔵前橋を直進→2つめの信号を右折→途中、右側に醍醐(だいご)池→次の信号左側が藤原京資料室(約30分)

近鉄橿原線「畝傍御陵前駅」東出口を直進→途中、右手に本薬師寺(もとやくしじ)跡→新河原橋(飛鳥川)を直進→途中、左手に鴨公(かもきみ)小学校→次の交差点左側が藤原京資料室(約30分)

近鉄大阪線「大和八木駅」より、コミュニティバスで4つ目の停留所(橿原市藤原京資料室前)下車(約20分)
※1日7便(休日は1日6便、平日ダイヤと休日ダイヤは異なります)のため、運行時間にご注意ください
自動車 大阪方面から
南阪奈道路→大和高田バイパス→国道165号を東(直進)へ→「縄手町南」交差点(T字路)を左折→「縄手町」交差点を右折→1つ目の信号(縄手町交差点より約300m)右側にある「橿原市藤原京資料室」の駐車場へ
駐車場 無料駐車場あり。
季節ごとに臨時駐車場もあります。

日本書紀では「新益京」と呼ばれていましたが、都城制としては日本初めての都があった場所です。 藤原京は、690年に着工し4年間の建設期間を経て、694年に完成しました。このころは常識であった 1代の天皇で何度も遷都することが普通でしたが、藤原京は3代の天皇が都として使われました。 藤原京は大和三山に囲まれていて、現在でも藤原京跡から大和三山を望むことができます。

広告

ならかんのおすすめ奈良観光地

つのや

つのや

奈良の新名物!鹿の形をした生モナカが有名なお店です。鹿ソフトも大好評。 生モナカの賞味期限は5分!生モナカ、鹿ソフトはお持ち帰り出来ないですが、 バナナ味の鹿の角フィナンシェはお土産に最適!お店の前には記念写真用の角もあり撮って帰るだけでもOK 株式会社つのやは企画デザイン会社のCEOがやられているそうです。

すばとり

すばとり

2017年12月15日にOPENした、九州地鶏にこだわったから揚げと手羽先を販売しているお店。 国道168号線沿いにあり、長尾西交差点で信号待ちをしていると目がいきます。 九州にこだわり、九州の地鶏と味付けをしているとオーナーがおっしゃっておりました。 味付けは醤油であっさりしていて、お店の中で揚げており、出来立てのから揚げを食べることができる。

たびじたく

たびじたく

もちいどの商店街から路地に入った古民家を改築して作られた商業施設2Fにあるお店。店内はこじんまりとしているが、奈良では珍しく御朱印帳がずらりと並んでいる。 その他、旅に欠かせない小物などもあり、色々買いたくなるお店。 オープンは2018年5月12日と新しく、お店もきれい。

マメタロウ商店

マメタロウ商店

馬見離宮と畿央大学近くにある国産大豆100%・天然にがり100%を使用している、豆の美味しさ、甘さを味わえるこだわりの商品が取り扱っているお店です。 なかなか見かけない、素材にこだわり手作りで作っているお豆腐は絶品!

柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社

柳澤神社は徳川家で大老格まで出世した柳澤吉保がご祭神の神社。明治13年に創建されました。

大迫ダム

大迫ダム

奈良県川上村にある、吉野川最初のダム。これにより、大和平野、紀伊平野が潤った

天香山神社

天香山神社

奈良県橿原市にある天香山神社、大和三山の1つ天香久山の麓に鎮座する神社です。天から降ってきた山の麓にある神社としても有名