鹿島(鹿嶋)神社

香芝市の穴場観光スポット鹿島(鹿嶋)神社について

鹿島(鹿嶋)神社 鹿島(鹿嶋)神社 鹿島(鹿嶋)神社 鹿島(鹿嶋)神社

鹿島(鹿嶋)神社 / 香芝市の市名が決まる鍵になったかも!?

3.0

3.0

評価する

鹿島(鹿嶋)神社は、承安2年(1172年)に源義朝の家臣だった鎌田小次郎政光が常陸国(今の茨城県)にある鹿島本宮の御分霊(武甕槌命)を勧請したのが始まりです。また香芝の市名の語源にもなったという説もあり、香芝に来たら必ず行くべき奈良の観光スポットです。

鹿島(鹿嶋)神社を観光した運営者の感想

奈良観光をしてて、香芝の観光スポットを回るときには1番に立ち寄っていただきたい場所です。なんせ香芝市の元ですか!
諸説あると思いますが、香芝市名の語源説を勝手に信用してるので、ぜひ行って欲しい観光スポットです。

観光基本情報

香芝市の観光地名 鹿島(鹿嶋)神社 / 香芝市の市名が決まる鍵になったかも!?
ジャンル
住所 奈良県香芝市下田西1-9-3
電車・バスでのアクセス 近鉄下田駅徒歩2分
JR香芝駅徒歩3分
車でのアクセス 西名阪香芝インターチェンジを下りて、国道168号を南下。餃子の王将、マクドナルドの交差点を直進して約1分、川を渡ってすぐのT字路を左折5分ほど走ったら下田の交差点を左折してすぐ左。
駐車場 鹿嶋神社近くにコインパーキングあり
入館、拝観料など
営業時間 00時00分~00時00分
休日

香芝市名の由来になっている鹿島神社は、源義朝の家臣が建てたって!?

前から行きたかった奈良県香芝市にある鹿島神社に行ってきました。

鹿島神社は、近鉄下田駅とJR香芝駅から徒歩1,2分のところにあり、香芝市役所などもほどなく行ける、香芝市の中心の地にあります。

昔から河内の国から国分峠を越えてこの下田を通り、伊勢まで続く伊勢街道と河内の国枚方宿から磐船街道を越え、生駒、当麻、西熊野、十津川を越え新宮まで抜ける街道の交差する交通の要衝として栄えました。

そんな重要な地に鹿島神社はあります。

 

 

この鹿島神社、思ったよりこじんまりとしていて、まさか奈良県香芝市の市名の由来になってるとは思いもよらないような雰囲気です。

ただ、由緒はちゃんとしていて香芝市の観光をする時はぜひ立ち寄っていただきたい場所です。

また毎年1月26日には宮座伝統行事の渡御行事(市指定文化財)があり、十人衆が輪番する頭屋宅(とやたく)に鹿島大明神に御心霊を奉迎するという行事で市内でもっとも古くから行われている行事もあるそうです。

 

まだ実際に見たことはないですが、一度は見に行かないと!ぜひ奈良県で香芝市の観光をする時は1月26日に行こう!!(笑)

 

近隣の奈良観光スポット

ならかんのおすすめ奈良観光地

九州からあげ すばとり

九州からあげ すばとり

2017年12月15日にOPENした、九州地鶏にこだわったから揚げと手羽先を販売しているお店。 国道168号線沿いにあり、長尾西交差点で信号待ちをしていると目がいきます。 九州にこだわり、九州の地鶏と味付けをしているとオーナーがおっしゃっておりました。 味付けは醤油であっさりしていて、お店の中で揚げており、出来立てのから揚げを食べることができる。

たびじたく

たびじたく

もちいどの商店街から路地に入った古民家を改築して作られた商業施設2Fにあるお店。店内はこじんまりとしているが、奈良では珍しく御朱印帳がずらりと並んでいる。 その他、旅に欠かせない小物などもあり、色々買いたくなるお店。 オープンは2018年5月12日と新しく、お店もきれい。

マメタロウ商店

マメタロウ商店

馬見離宮と畿央大学近くにある国産大豆100%・天然にがり100%を使用している、豆の美味しさ、甘さを味わえるこだわりの商品が取り扱っているお店です。 なかなか見かけない、素材にこだわり手作りで作っているお豆腐は絶品!

柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社

柳澤神社は徳川家で大老格まで出世した柳澤吉保がご祭神の神社。明治13年に創建されました。

大迫ダム

大迫ダム

奈良県川上村にある、吉野川最初のダム。これにより、大和平野、紀伊平野が潤った

天香山神社

天香山神社

奈良県橿原市にある天香山神社、大和三山の1つ天香久山の麓に鎮座する神社です。天から降ってきた山の麓にある神社としても有名

葛城一言主神社

葛城一言主神社

第21代雄略天皇が葛城山中で狩りをしてた時に、天皇と同じ姿をした一言主神が現れて一緒に狩りをしたことで有名。地元からはいちごんさんとしても親しまれている、樹齢1200年の銀杏でも有名な神社です。

広告

TOPへ戻る