景行天皇纏向日代宮跡 | 奈良観光「ならかん」

桜井市の観光スポット『景行天皇纏向日代宮跡』

景行天皇纏向日代宮跡 景行天皇纏向日代宮跡 景行天皇纏向日代宮跡

景行天皇纏向日代宮跡 | 日本武尊(やまとたけるのみこと)の父の宮があった場所

3.0

3.0

評価する

第十二代景行天皇の日代宮の跡。
紀元730年に景行天皇が即位後この地に宮を設けて、大和朝廷による全国統一を進められた。
その立役者は、皇后の播磨稲日太郎姫との間に生まれた、日本武尊(ヤマトタケル)である。
また、景行天皇は五・七調の神代文字で記された秀真伝(ホツマツタエ)文献を、大直根子(オオタタネコ)に命じて編纂させ、後世に残したとされている。

景行天皇纏向日代宮跡を観光した運営者の感想

こちらも垂仁天皇纏向珠城宮跡と同じ道沿いの上ったところにあり、普通に通り過ごしそうでした。
奈良は、こういった普通のところにも歴史があるんだなと実感できました。

景行天皇は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の父。

この時代、熊襲(くまそ)と蝦夷(えみし)を討伐して、辺境にまで勢力を拡大しました。

『古事記』では景行天皇は137歳まで生き、77子を諸国に封じたとされていることから、実在が不明確な天皇でもあります。

それと同時に、景行天皇の子である日本武尊も多くの学者から存在を否定されています。

『日本書紀』によると、まず景行天皇が九州南部にいた熊襲という種族を征伐。

征伐後、景行天皇が大和にもどると、再び熊襲がヤマト政権に背きます。

そのため日本武尊が派遣され、熊襲の長である川上梟帥(かわかみたける)を討ったそうです。

日本武尊の父親とか、本当に胸踊りますよね。こんな有名な天皇陵だったら、もう少し観光スポットとして、ちゃんとしたらいいのにと思います。

日本武尊の父親のお墓、是非行ってみてください。

観光基本情報

桜井市の観光地名 景行天皇纏向日代宮跡 | 日本武尊(やまとたけるのみこと)の父の宮があった場所
ジャンル 建物・建築物 古墳
住所 奈良県桜井市穴師447
電車・バスでのアクセス バス停「相撲神社口」から約1キロ
車でのアクセス 西名阪天理ICから国道169号線を30分ほど南下、辻北交差点を左折道沿いに約1分
駐車場 なし
入館、拝観料など
営業時間 00時00分~00時00分
休日

近隣の奈良観光スポット

ならかんのおすすめ奈良観光地

龍隠れの里に眠る秘宝イベント

龍隠れの里に眠る秘宝イベント

室生寺で毎秋に行われている、室生寺のライトアップと2019年11月22日(金)~24日(日)までは龍神伝説ドラゴンナイトウォークというイベントが行われている。 2019年のライトアップは 11月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、22日(金)~24日(日)、29日(金)~12月1日(日) で開催。 開催中は、室生寺仁王門にて光るボディーペインティングや、拝殿には龍神様が出現したり、スタンプラリーが行われています。

つのや

つのや

奈良の新名物!鹿の形をした生モナカが有名なお店です。鹿ソフトも大好評。 生モナカの賞味期限は5分!生モナカ、鹿ソフトはお持ち帰り出来ないですが、 バナナ味の鹿の角フィナンシェはお土産に最適!お店の前には記念写真用の角もあり撮って帰るだけでもOK 株式会社つのやは企画デザイン会社のCEOがやられているそうです。

すばとり

すばとり

2017年12月15日にOPENした、九州地鶏にこだわったから揚げと手羽先を販売しているお店。 国道168号線沿いにあり、長尾西交差点で信号待ちをしていると目がいきます。 九州にこだわり、九州の地鶏と味付けをしているとオーナーがおっしゃっておりました。 味付けは醤油であっさりしていて、お店の中で揚げており、出来立てのから揚げを食べることができる。

たびじたく

たびじたく

もちいどの商店街から路地に入った古民家を改築して作られた商業施設2Fにあるお店。店内はこじんまりとしているが、奈良では珍しく御朱印帳がずらりと並んでいる。 その他、旅に欠かせない小物などもあり、色々買いたくなるお店。 オープンは2018年5月12日と新しく、お店もきれい。

柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社

柳澤神社は徳川家で大老格まで出世した柳澤吉保がご祭神の神社。明治13年に創建されました。

大迫ダム

大迫ダム

奈良県川上村にある、吉野川最初のダム。これにより、大和平野、紀伊平野が潤った

天香山神社

天香山神社

奈良県橿原市にある天香山神社、大和三山の1つ天香久山の麓に鎮座する神社です。天から降ってきた山の麓にある神社としても有名

広告