柳澤(柳沢)神社

大和郡山市の穴場観光スポット柳澤(柳沢)神社について

柳澤(柳沢)神社 柳澤(柳沢)神社 柳澤(柳沢)神社 柳澤(柳沢)神社 柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社 / 大奥でも有名なあの柳澤様が神様?

3.0

3.0

評価する

■神社
主祭神 :柳澤吉保公
社格等 :境内社
創建時期:明治十三年

柳澤神社は、奈良県大和郡山市の大和郡山城跡にある神社です。
ご祭神は柳澤吉保。
柳澤吉保は清和源氏の流れを引く河内源氏の支流の柳澤氏の嫡男として生まれた、柳澤吉保の祖父にあたる信俊が家康に仕官したのち徳川家の家臣として忠誠を尽くしていました。元は甲斐信濃に領してた、甲斐源氏武田氏の家臣。

出身地 江戸市ヶ谷(東京都新宿区)
生誕 1659年1月10日
死没 1714年12月8日
享年 57才

徳川幕府の中でも、530石小姓組番衆だった身分から1代で15万石の大名までのし上がったという大出世した人物です。

旧藩士等の手によって、明治13年10月29日創立。拝殿入り口の扁額「柳澤神社」の文字は、有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)の筆によるものだそうです。

息子の柳沢吉里は大和郡山藩の初代藩主となり、金魚の養殖をはじめ、甲府から郡山城に入って来たときに桜をたくさん補植して、今日のような桜の名所になったそうです。
吉里は名君だったそうで、他藩に先駆けて『総稽古所(そうけいこしょ)』という藩校をつくるなど、吉里は教育にも非常に力を入れました。
郡山城主は、城主が頻繁に替わってきていましたが吉里が城主となってからは6代にわたり柳澤家が郡山藩を治めていきました。

柳澤(柳沢)神社を観光した運営者の感想

以前から行きたかったのですが、なかなか機会がなくようやく行けることができました。
元は大和郡山城跡を見るために行ったのですが、実は柳澤神社が郡山城跡に創建されているということを知り
柳澤神社がどういうものか調べました。まさか江戸幕府5代将軍の大老格までのぼり詰めて、ドラマでも有名になった
柳澤様の神社、しかもご祭神がご本人だったとは思いませんでした。
また、柳沢文庫もこちらにあるのは、初めて知りました。
アクセスもしやすく、ぜひ大和郡山に行った際は観光してほしいです。

観光基本情報

大和郡山市の観光地名 柳澤(柳沢)神社 / 大奥でも有名なあの柳澤様が神様?
ジャンル お寺・寺院 景色 建物・建築物
住所 奈良県大和郡山市城内町2−18
電車・バスでのアクセス 近鉄大和郡山駅を下車、徒歩5分
車でのアクセス 西名阪自動車道からは郡山インターチェンジ出口を下り、
国道24号線を北進「西九条町南交差点」を左折して直進
駐車場 大和郡山ホール駐車場
2時間無料。2時間以上500円179台(地上106台 地下73台)

大和郡山市三の丸駐車場
1時間¥100・1時間30分¥200・2時間¥300・3時間¥400
4時間¥500・5時間¥700・6時間¥900
1日最大¥1000(24時間以内)
入館、拝観料など 無料
営業時間 00時00分~00時00分
休日

近隣の奈良観光スポット

ならかんのおすすめ奈良観光地

すばとり

すばとり

2017年12月15日にOPENした、九州地鶏にこだわったから揚げと手羽先を販売しているお店。 国道168号線沿いにあり、長尾西交差点で信号待ちをしていると目がいきます。 九州にこだわり、九州の地鶏と味付けをしているとオーナーがおっしゃっておりました。 味付けは醤油であっさりしていて、お店の中で揚げており、出来立てのから揚げを食べることができる。

たびじたく

たびじたく

もちいどの商店街から路地に入った古民家を改築して作られた商業施設2Fにあるお店。店内はこじんまりとしているが、奈良では珍しく御朱印帳がずらりと並んでいる。 その他、旅に欠かせない小物などもあり、色々買いたくなるお店。 オープンは2018年5月12日と新しく、お店もきれい。

マメタロウ商店

マメタロウ商店

馬見離宮と畿央大学近くにある国産大豆100%・天然にがり100%を使用している、豆の美味しさ、甘さを味わえるこだわりの商品が取り扱っているお店です。 なかなか見かけない、素材にこだわり手作りで作っているお豆腐は絶品!

柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社

柳澤神社は徳川家で大老格まで出世した柳澤吉保がご祭神の神社。明治13年に創建されました。

大迫ダム

大迫ダム

奈良県川上村にある、吉野川最初のダム。これにより、大和平野、紀伊平野が潤った

天香山神社

天香山神社

奈良県橿原市にある天香山神社、大和三山の1つ天香久山の麓に鎮座する神社です。天から降ってきた山の麓にある神社としても有名

葛城一言主神社

葛城一言主神社

第21代雄略天皇が葛城山中で狩りをしてた時に、天皇と同じ姿をした一言主神が現れて一緒に狩りをしたことで有名。地元からはいちごんさんとしても親しまれている、樹齢1200年の銀杏でも有名な神社です。

広告

TOPへ戻る