駐車場有観光 / 35件の奈良穴場観光スポットを実際に現地に行って紹介!

駐車場有の観光スポット一覧

駐車場有は、ご紹介している観光地に駐車場があるものを紹介しています。奈良での移動手段でもっとも使われているのが 車で数ある観光地にも駐車場がついているものが多くあります。

丹生川上神社下社 / 祈雨や止雨の神様<奈良県下市町>

丹生川上神社下社
住所 奈良県下市町長谷1−1
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄吉野線「下市口」駅下車、奈良交通バス停「下市口駅」から「笠木」行き又は「洞川温泉」行き又は「黒滝案内センター」行き(上記何れの行先のバスも可)のバスに乗車し、「長谷(ながたに)」で下車する。バス乗車時間約40分
観光地へ車での経路 西名阪郡山ICを下り、国道24号線を南下し約1時間橿原市役所を越えて、
兵部町交差点を左折し国道169号線を南下、明日香村、高取町を越え、
土田交差点(国道169号線と国道370号線の交差点)を右折し10分ほど走り
岡崎の交差点を左折、国道309号線を約1時間ほど南下。
駐車場 下市町山村復興センターの無料駐車場、
または門前の無料駐車場

創建は今から1350年前の白鳳四年。天武天皇創建の神社で水の神様

笠そば | 地元笠で栽培したソバを100%使用した香り豊かなおそばが食べれる<奈良県桜井市>

笠そば
住所 奈良県桜井市大字笠4408
観光地への公共交通機関(電車・バス) 奈良交通バス仁興口バス停より約2.5km
観光地へ車での経路 名阪国道針インターICから約10キロ
駐車場 50台くらいの無料駐車場あり

笠山荒神社の真横にあるお蕎麦屋さん。地元でとれた笠のそば粉100%のおそばが人気。 笠地区は標高が400~500m有り、朝夕の寒暖の差が激しく19ヘクタールもの広大な土地を使用し、必要最低限の農薬しか使用しない農法で作られており、そばづくりに最適な気候・風土に恵まれてた場所で作られているおそばです。 いつも行列ができるほどの人気、自然豊かな場所で食べる笠そばは食べる価値あり。

東大寺 | 奈良で一番有名なお寺で奈良の大仏が鎮座するお寺<奈良県奈良市>

東大寺
住所 奈良県奈良市雑司町406−1
観光地への公共交通機関(電車・バス) JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「東大寺大仏殿・春日大社前」下車徒歩5分
近鉄奈良線「奈良駅」から、ぐるっとバス(大宮通ルート・奈良公園ルート)「大仏殿前駐車場」下車すぐ
または近鉄奈良駅から徒歩約20分
観光地へ車での経路 大阪方面からは第二阪奈道路宝来出口を出て、
駐車場 奈良県営大仏殿前駐車場(有料)
GSパーク東大寺西大門駐車場(有料・無人)
春・秋の観光シーズンの土日祝には観光無料駐車場があり

8世紀前半には大仏殿の東方、若草山麓に前身寺院が建てられていた。『東大寺要録』によれば、天平5年(733年)、若草山麓に創建された金鐘寺(または金鍾寺(こんしゅじ))が東大寺の起源とされる。 天平15年(743)に聖武天皇が盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)造立の詔を発令し、 その大仏を安置する寺として天平勝宝3年(751)に大仏殿が完成。以降次々と堂塔が建築され40年近くかかって伽藍が整いました。

&LUCE(アンドルーチェ) | 香芝にある隠れ家的マツエクサロン<奈良県香芝市>

&LUCE(アンドルーチェ)
住所 奈良県香芝市別所358-1
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄大阪線五位堂駅より徒歩15分
観光地へ車での経路 西名阪香芝ICを下りて、国道168号線を南下、北今市3西を左折し中和幹線を橿原方面へ約10分、右手にファミマのある交差点を右折約5分
駐車場

香芝市にあるアイリスト2名で丁寧なカウンセリングと技術で定評のあるまつげサロンです。 完全予約で完全個室のプライベート空間でゆったり施術を受けられます!シングル、カラー、フラット、ボリューム等エクステの種類が豊富なのでお気に入りのエクステができ、エクステと併用できるパーマメニューも用意されています。 何度も通いたくなるアットホームなサロンで、奈良観光行く前にマツエクして出かけたくなるお店です!

奈良の地酒ならここで決まり!銘酒やたがらすを販売されている北岡本店<奈良県吉野町>

北岡本店
住所 奈良県吉野町上市61
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄吉野線「上市」駅より徒歩約10分
観光地へ車での経路 大和高田バイパスを東へ向かい、四条ランプをおり小房交差点を右折
国道169号線を南下役30分、土田交差点を左折して役10分
駐車場 無料駐車場有

明治元年創業で奈良の銘酒「やたがらす」を販売している。奥吉野の森林水で仕込んでいます。 奈良県南部、吉野熊野国立公園の入口、吉野川(上市)に沿う地に酒蔵で、ひと目千本と詠まれた桜の名所、また飛鳥から奈良時代にかけて吉野離宮があり、この地を主題にした名歌が「万葉集」に収められ、さらに時代が下ると源義経の東下り、後醍醐天皇の南朝、太閤秀吉の花見、等「自然と歴史と文化」満ち溢れた吉野の地。「日本古来の酒造り技術を継承し、おいしいお酒を通じて心温まる人間関係の成立に寄与する」をめざすものとして酒造りに取りくんでおられます。

龍隠れの里に眠る秘宝イベント | 室生で秋に行われるもみじ祭りと幻想的なライトアップ<奈良県宇陀市>

龍隠れの里に眠る秘宝イベント
住所 奈良県宇陀市室生78
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄室生口大野駅から室生寺前行きバス終点下車徒歩5分
観光地へ車での経路 針インター(交差点)を左折して 国道369号線へむかう。
外の橋(交差点)を左折して県道28号線に入り緑川(交差点)を左折して国道165号線に入る。
室生寺入口(交差点)を右折して県道28号線を直進。
針インターから約30分。
駐車場 普通車100台、大型バス10台  ※有料

室生寺で毎秋に行われている、室生寺のライトアップと2019年11月22日(金)~24日(日)までは龍神伝説ドラゴンナイトウォークというイベントが行われている。 2019年のライトアップは 11月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、22日(金)~24日(日)、29日(金)~12月1日(日) で開催。 開催中は、室生寺仁王門にて光るボディーペインティングや、拝殿には龍神様が出現したり、スタンプラリーが行われています。

新薬師寺 | 聖武天皇の病気平癒を願って創建されたお寺<奈良県奈良市>

新薬師寺
住所 奈良県奈良市高畑1352
観光地への公共交通機関(電車・バス) 奈良市内循環バス 破石町下車 山手へ徒歩10分
JR、近鉄電車からタクシーで約10分
観光地へ車での経路 第二阪奈道路宝来を下りて308号線を東進、奈良教育大学前左折、約2分くらい走ると道沿いに新薬師寺の看板がでるので右折
そこから道なりに5分
駐車場 無料駐車場有

新薬師寺は、聖武天皇の病気平癒を祈願して、光明天皇によって創建されました。聖武天皇は、天平15年(743年)動物植物ことごとく栄える世の中を目指し、皆で力を合わせて廬舎那仏大仏を造立することを発願され、近江国信楽宮で行基菩薩をはじめ多くの人々とともに大仏造立に着手されました。ところが、天平17年(745年)に入り、山火事と地震が頻発したため、工事を中断して平城宮に戻られました。大仏造立は平城京の真東山麓で再開されましたが、天皇ご自身は体調を崩されました。そこで天皇の病気を治すため、都と諸国に薬師如来七軀を造立し、薬師経七巻を写経することが命じられました。

河合酒造 | 代表銘柄「出世男」でも有名な江戸時代から続く酒蔵<奈良県橿原市>

河合酒造
住所 奈良県橿原市今井町1-7-8
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄電車大和八木駅から徒歩7分
観光地へ車での経路 南阪奈道路から奈良に入り、大和高田バイパスを東進。四条ランプを下りる。
四条町交差点を左折して、国道24号線を北進兵部町左折し、約2分
駐車場 今井まちなみ交流センターに有料駐車場有。
最大料金520円

「出世男」の醸造元である河合酒造は、江戸時代から続く蔵元、この蔵元のある橿原市の今井町は、国の“重要伝統的建造物群保存地区”に指定されていて、昔ながらの街並みが保存されている。また、この河合酒造はその中でも国の重要文化財に指定されているほどの歴史ある蔵元だが、今では毎年造る酒の量も少なくなってきているが、昔ながらの味わいを現在も造り続けている。

法性山 般若寺 / 聖武天皇が鬼門鎮護のため大般若経六百巻を納めた<奈良県奈良市>

般若寺
住所 奈良県奈良市般若寺町221
観光地への公共交通機関(電車・バス) ●JR奈良駅
青山住宅行 西口1番乗場から乗車し、般若寺バス停下車徒歩3分

●近鉄奈良駅
青山住宅行 2番乗場から乗車し、般若寺バス停下車徒歩3分
観光地へ車での経路 名阪国道天理ICを下りて、国道169号線を奈良方面へ。
県庁東交差点直進、国道369号線、県道754号線を通る。
駐車場 有(無料)
※秋のシーズン中の土日祝は有料
 大型バスの駐車場はございません。

奈良市にある般若寺は、お寺もさるとこながらコスモス寺としても有名なお寺です。 楼門は鎌倉時代に作られた国宝になっており、歴史を感じられる作りとなっております。 お寺の始まりは、飛鳥時代にさかのぼります。 三論宗の初祖、慧潅法師がこの地に「般若台」と号する精舎を開創致しました。 その後、聖武天皇が平城京の鬼門鎮護のため紺紙金泥の『大般若経』六百巻を地中に納めて、伽藍を 整え勅願寺としそのとき経題に因み「般若寺」と命名しました。 その後、 平重衡の南都焼き討ちや、・戦国時代永禄年間に松永久秀の東大寺大仏殿の戦いの兵火などの戦火を何度も体験し 今に至ります。

石上神宮 / 神宮の起源、その昔は石上神宮と伊勢神宮しかなかった?<奈良県天理市>

石上神宮
住所 奈良県天理市布留町384
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄奈良線「大阪難波」駅より奈良行(快速急行・急行)に乗車約35分、「大和西大寺」駅で乗換。天理行に乗車約20分、「天理」駅で下車徒歩約30分
また、1日数便しか走ってませんが、
奈良交通バス苣原行きに乗車、「石上神宮前」下車7分、徒歩5分。
観光地へ車での経路 名阪国道
「天理東インター」から約5分
西名阪自動車道
「天理インター」から約15分
駐車場 第1駐車場(無料)
20台(乗用車、マイクロのみ)
第2駐車場(無料)
50台(乗用車、マイクロのみ)
第3駐車場(無料)
80台(乗用車、大型バスは10台)

石上神宮(いしのかみじんぐう)は日本最古の神社の一つです。 氏神は武門の棟梁たる物部氏で、とても由緒ある神社です。 また、歴史もとても古く、古事記や日本書紀にも、すでに石上神宮・石上振神宮として、たびたび登場します。 また大和朝廷の武器庫としても使われていた場所です。 奈良時代以前に神宮の名を許されたのは伊勢神宮と石上神宮だけという由緒ある神社です。 また、拝殿の後ろには禁足地があって、そこの神庫には、七支刀(ななつのさやのたち)というものがあり 剣の刀身から両側3箇所で鹿の角状に枝分かれした珍しい形で国宝に指定されています。 祭神は、布都御魂大神 (ふつのみたまのおおかみ) 伊勢神宮の古名とされる「磯宮(いそのみや)」と「いそのかみ」に何らかの関係があると言われていますが、 真実はまだわかっていません。

春日大社 / 名前の由来は神が住む処でかすがと読む!?<奈良県奈良市>

春日大社
住所 奈良県奈良市春日野町160
観光地への公共交通機関(電車・バス) JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から奈良交通バス(春日大社本殿行)約11~15分、
「春日大社本殿」下車すぐ または
奈良交通バス(市内循環外回り)約9~13分「春日大社表参道」下車、徒歩約10分
観光地へ車での経路 名神高速道「京都南IC」から京奈和自動車道経由約60分
京奈和自動車道「木津IC」から南へ約7km
第2阪奈有料道路「宝来IC」から東へ約8km
西名阪自動車道「天理IC」からR169経由北へ約10km
駐車場 バス・乗用車合わせて100台駐車可能
開場時間は
2月~11月 7:30~17:00
12月~1月 7:30~16:30
◎駐車料金 バ ス 2500円 乗用車 1000円
バス回送 1000円 バイク 300円

奈良の観光スポットで一番有名な場所がこの春日大社です。春日大社にはたくさんの見どころがありますが、特に朱塗の社殿と境内のフジが綺麗で、なんと灯籠の数は約3000基と日本一!奈良市を代表する社で、奈良一番の観光スポットです。

谷瀬の吊り橋 | 奈良の吊り橋と言えばここしかない!<奈良県十津川村>

谷瀬の吊り橋
住所 奈良県十津川村谷瀬1
観光地への公共交通機関(電車・バス) ○関東方面からお越しの方
西武バスの高速バス(大宮・池袋→南紀勝浦線)
大宮駅西口(埼玉)夜20:50→ 池袋駅東口(東京)21:40→
三交新宮駅前(和歌山)朝7:45

★新宮駅(和歌山)からは
熊野交通のバス(本宮大社前行き)
新宮駅8:40→ 本宮大社前9:59
新宮駅10:37→ 本宮大社前11:31(特急)

奈良交通のバス(八木(南)行き・特急)日本最長路線バスです!
新宮駅9:59→本宮大社前11:20→十津川温泉12:14→
十津川村役場12:37

本宮大社前からは
十津川村営バス(七色・本宮線)
うらら館(発)10:10→本宮大社前10:11→十津川温泉10:48
うらら館(発)15:25→本宮大社前15:26→十津川温泉16:03

村営バス(国道線 上野地行き)
十津川温泉14:49→役場前15:12

徳島からお越しの場合
徳島〜天理までの高速バスは、平成22年4月1日より運行休止になりました。
徳島バス
徳島駅あさ7:40→(大阪)天王寺10:33→
JR奈良駅11:41→天理(奈良)12:09

奈良交通バス★夜行高速バス五條―新宿線
新宿からお越しの場合
新宿・京王プラザホテル 夜23:00→新宿高速バスターミナル23:15→
大和高原山添5:42→大和高原都祁5:55→天理駅 6:15→
桜井駅北口6:40→八木駅7:00→近鉄高田駅→7:20→
高田市駅7:28→忍海バスセンター7:37→近鉄御所駅7:41→
住川7:58→五條バスセンター朝8:05 到着です。

新宿を夜23:00に出て夜行高速バスで朝8:05に五條バスセンターに到着です!
ここからは日本最長路線バスでゆったりのんびり日本一大きな村縦断の旅です!
五條バスセンターから十津川方面へは5便あります。

八木駅、五條バスセンターから十津川方面へ
上野地(谷瀬の吊り橋)で休憩時間があります。

五條バスセンター8:09→上野地10:01(休憩16分)→
十津川村役場10:43→(終)十津川温泉11:06

五條バスセンター10:30→上野地12:25(休憩20分)→
十津川村役場13:06→十津川温泉13:39

五條バスセンター13:05→上野地15:00(休憩20分)→
十津川村役場15:41→十津川温泉16:14

五條バスセンター15:05→上野地17:00(休憩20分)→
十津川村役場17:41→十津川温泉18:14

(発)五條バスセンター16:10→上野地18:02(休憩16分)→
十津川村役場18:44→(終)十津川温泉19:10
観光地へ車での経路 南阪奈道路葛城ICから国道24・168号経由64km1時間30分
駐車場 近隣に駐車場有
駐車料金 : 500円

谷瀬のつり橋は高さ54m、長さ297m。

宇太水分神社 | 菟田野町にある大和四水分神の東を護る神社<奈良県宇陀市>

宇太水分神社
住所 奈良県宇陀市菟田野古市場245
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄大阪線「榛原駅」から奈良交通「菟田野」行バスで15分、「古市場」バス停下車徒歩5分
観光地へ車での経路 大阪・名古屋方面から:名阪国道(針IC)から、国道369号線、市道を経由し、県道31号線(菟田野)へ菟田野・東吉野方面へ南進。国道166号に入りすぐ。(案内板有り)

三重方面から:国道369号線から榛原駅前を経由し県道31号線(菟田野)へ菟田野・東吉野方面へ南進。国道166号に入りすぐ。(案内板有り)

桜井方面から:国道165号線から国道166号線に入り、大宇陀を経由して菟田野へ(案内板有り)
吉野方面から:国道370号線から国道166号線に入り、大宇陀を経由して菟田野へ(案内板有り)
(名張から約40分、桜井から約30分、吉野町から約30分)
駐車場 境内に5,6台止めれるスペースあり。

崇神天皇七年二月の勅祭の大社で、水の配分の守護神として、大和の所謂四周東西南北に祀られた東に当たる神社で、本殿は、鎌倉時代の元応二年の建造です。 十月第三日曜日の例大祭は、平安時代から伝わる神輿渡御祭で惣社水分神社から姫神様がお渡りになります。

談山神社 | 大化の改新を行うため談合をした場所<奈良県桜井市>

談山神社
住所 奈良県桜井市多武峰319
観光地への公共交通機関(電車・バス) JR桜井駅から
JR奈良駅からJR桜井駅までJR万葉まほろば線で約30分
京都駅から近鉄特急で「大和八木駅」のりかえで約60分
大阪難波駅から鶴橋のりかえ近鉄大阪線急行で約45分
名古屋駅から近鉄特急で名張または大和八木経由で約2時間
観光地へ車での経路 西名阪道の天理ICを降り、国道169号線を南下(天理IC~神社まで約45分)
名古屋方面から、名阪国道・針IC(神社まで約40分)
大阪方面から、西名阪道・郡山IC(神社まで約40分)
和歌山・大阪方面から、南阪奈道路・葛城IC(神社まで約40分)
駐車場 駐車場は5つあります。
季節によって無料の場合あり
紅葉の時期は1日2000円

天智天皇8年(669年)10月、鎌足公の病が重いと知った天皇は自ら病状を見舞い、後日、大織冠内大臣という人臣の最高位を授けられ、藤原の姓を与えました。藤原氏は、ここから始まります。鎌足公の没後、御墓摂津国阿威山(現在の高槻市)に造られましたが、白鳳7年(678年)唐より帰国した長男・定慧和尚が鎌足公の遺骨の一部を多武峰山頂に埋葬し、十三重塔と講堂を建立して妙楽寺と称しました。さらに、大宝元年(701年)方三丈の神殿を建て、鎌足公のご神像を安置しました。これが談山神社の始まりです。

上野公園 | 夏はひまわり畑がきれい!野球やサッカーもできる総合体育施設<奈良県五條市>

上野公園
住所 奈良県五條市上野町246番地
観光地への公共交通機関(電車・バス) JR和歌山線、大和二見駅より徒歩約10分
観光地へ車での経路 京奈和自動車道、五條西ICを下りて国道24号線を橿原方面へ走って約2,3分上野町交差点を右折
駐車場 無料駐車場あり。約100台

広々とした自然に包まれた公園は、スポーツにぴったり。野球場、多目的グランド、テニスコートでは、みんな気持ちいい汗を流しています。一周1キロメートルのトリムコースも整備されています。 広い芝生広場では、子供も大人も思い思いの形で遊んだり、くつろいだり。大人も楽しめます。 公園には季節の花がいっぱい。大きな池は四季おりおりの景色を映し出します。池の周りの遊歩道は散歩に最適。また、近年は夏にひまわり畑も人気でたくさんの観光客も来られる人気の観光スポットです。

長谷寺 | 牡丹でも有名な花の御寺<奈良県桜井市>

長谷寺
住所 奈良県桜井市初瀬731-1
観光地への公共交通機関(電車・バス) 大阪方面から

近鉄大阪線長谷寺駅を下車、徒歩15分。

名古屋方面から

近鉄大阪線長谷寺駅を下車、徒歩15分。
※シーズンには急行が臨時停車します。
観光地へ車での経路 名阪国道を針インターで下り、国道369号線を榛原・桜井方面へ。
榛原で国道165号線を右折(西進)。
初瀬西の信号を右折し門前町へ。
駐車場 二輪:200円
普通車まで:500円
大型バスまで:2,000円

長谷寺は、山号を豊山と号し、朱鳥(あかみどり)元年(六八六年)、道明(どうみょう)上人が天武天皇のために「銅板法華説相図(どうばんほっけせっそうず)」を初瀬山西の岡に安置したことに始まり、のち神亀四年(七二七年)、徳道上人が聖武天皇の勅願によってご本尊十一面観世音菩薩を東の岡にお祀りになりました。徳道上人は観音信仰にあつく、西国三十三所観音霊場を開かれた大徳として知らせ、長谷寺はその根本道場とも呼ばれるゆえんであり、長谷詣、長谷信仰は全国に広がりました。下って天正十六年(一五八八年)、専誉僧正がご入山されてより、長谷寺は関係寺院三千ヶ寺を有する真言宗豊山派の総本山として、また西国三十三所第八番札所として、檀信者は約二百万人、四季を通じて「花の御寺」として多くの人々の信仰をあつめています。

天の川カフェ | 2019年6月10日から開催!洞川温泉郷の11宿屋の縁側でカフェを楽しむ!<奈良県天川村>

天の川カフェ
住所 奈良県天川村洞川210
観光地への公共交通機関(電車・バス) ■近鉄電車「下市口」駅へ
近鉄電車「大阪阿部野橋」駅から近鉄特急で約1時間
近鉄電車「京都」駅から近鉄特急で(橿原神宮前乗換)約1時間25分
近鉄電車「名古屋」駅から近鉄特急で(八木・橿原神宮前乗換)約2時間40分
■近鉄電車「下市口」駅下車
奈良交通バス「洞川温泉」行終点下車(約1時間20分)
観光地へ車での経路 ★大阪市方面から
 ・・・南阪奈道路経由R169・R309で天川村へ
   (大阪市内から天川村川合まで約2時間〜2時間半)

★京都・奈良市方面から
 ・・・京奈和自動車道橿原バイパス経由R169・R309で天川村へ
   (奈良市内から天川村川合まで約2時間)

★名古屋方面から 
 ・・・名阪国道針ICからR370経由R169・R309で天川
   (針ICから天川村川合まで約1時間45分〜2時間(名古屋西ICから約3時間半))

※道路の通行規制/冬季通行止めについて
・R309行者還トンネル方面は冬季閉鎖(12月中旬〜4月中旬)
・県道洞川下市線(小南峠方面)及び県道大峰山公園線(母公堂から大峯大橋)は冬季通行止
・広域基幹林道吉野大峯線(洞川〜吉野)及び林道高原洞川線(洞川〜川上村)は冬季通行止(12月〜3月末)
駐車場 有料駐車場あり

天川村の洞川地区は大峰山の麓にあり、昔から大峰山の修験道が登る前に泊まる宿場町として栄えており、たくさんの宿屋が合います。そんな宿屋には長い縁側があります。これは修験道がたくさん洞川に泊まっていたころ、宿屋に入るときに渋滞になってしまうのを防ぐため、一度にたくさんの方が履き物を脱げるようにどの宿屋にも長い縁側を作ったそうです。 そんな歴史を感じられる縁側でお酒やスイーツを楽しめる素敵なカフェイベントです。

蟷螂窟 | 1300年前にできたの大峰山寺の修験道の第1の行場<奈良県天川村>

蟷螂窟
住所 奈良県天川村洞川
観光地への公共交通機関(電車・バス) ■近鉄電車「下市口」駅へ
近鉄電車「大阪阿部野橋」駅から近鉄特急で約1時間
近鉄電車「京都」駅から近鉄特急で(橿原神宮前乗換)約1時間25分
近鉄電車「名古屋」駅から近鉄特急で(八木・橿原神宮前乗換)約2時間40分
■近鉄電車「下市口」駅下車
奈良交通バス「洞川温泉」行終点下車(約1時間20分)
洞川温泉バス停から徒歩で約15分
観光地へ車での経路 ★大阪市方面から
 ・・・南阪奈道路経由R169・R309で天川村へ
   (大阪市内から天川村川合まで約2時間〜2時間半)

★京都・奈良市方面から
 ・・・京奈和自動車道橿原バイパス経由R169・R309で天川村へ
   (奈良市内から天川村川合まで約2時間)

★名古屋方面から 
 ・・・名阪国道針ICからR370経由R169・R309で天川
   (針ICから天川村川合まで約1時間45分〜2時間(名古屋西ICから約3時間半))

※道路の通行規制/冬季通行止めについて
・R309行者還トンネル方面は冬季閉鎖(12月中旬〜4月中旬)
・県道洞川下市線(小南峠方面)及び県道大峰山公園線(母公堂から大峯大橋)は冬季通行止
・広域基幹林道吉野大峯線(洞川〜吉野)及び林道高原洞川線(洞川〜川上村)は冬季通行止(12月〜3月末)
駐車場 洞川温泉郷に無料・有料駐車場有

この蟷螂窟は、修験道の始祖と言われている役行者が、山上ガ岳の頂上に大峰山寺を建立した約1,300年前、修験道の"第一の行場"として開かれた伝承の地。蟷螂とは"かまきり"のことで、修験の行者が洞に入っていく様子が"かまきり"の歩く姿に似ていたためこの名がついたようです。

津風呂湖 | バス釣りといえばここ!湖畔からも船でもできる有名観光地<奈良県吉野町>

津風呂湖
住所 奈良県吉野町河原屋849
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄 大和上市駅
湯盛温泉行バス「津風呂湖口」下車 徒歩40分
観光地へ車での経路 西名阪天理ICを下りて国道24号線を国道165号線を南下、
縄手町交差点を左折直進して浅古交差点を右折し県道37号線を南下約30分
駐車場 30台(無料)

十津川・紀の川総合開発事業で、紀の川本川に大迫ダム、貴志川筋に山田ダムを建設して農業用水を確保するため津風呂ダムは作られました。 津風呂ダムによって出現した人造湖は津風呂湖(つぶろこ)と名付けられ、紀伊山地を除く奈良県内では初めての大きな湖沼です。 海のない奈良県内で初めて湖上遊覧船が就航した湖で、毎年3月15日から11月末までの期間は遊覧船による湖上一周ができて、春の桜・新緑や秋の紅葉が美しい。1972年(昭和47年)には奈良県によって吉野川津風呂県立自然公園に指定され、湖を中心に周辺は観光地として整備されている。道路の走っていない北岸は近畿自然歩道としてなっています。

奈良県立民俗博物館 | 笑い飯のネタでも有名!奈良の歴史と郷土がわかる場所<奈良県大和郡山市>

奈良県立民俗博物館
住所 奈良県大和郡山市矢田町545
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄郡山駅からバスで10分(泉原行きバス)
「矢田東山」バス停から徒歩で10分
観光地へ車での経路 阪奈道路 : 阪奈三碓IC~黒谷橋東詰(左折)~(枚方大和郡山線を南進)~外川(右折)~奈良高専越えて(右折)
第二阪奈道路 : 中町ランプ~砂茶屋橋東詰(右折)~(枚方大和郡山線を南進)~ 外川(右折)~奈良高専越えて(右折)
西名阪道路 : 法隆寺IC~大和高田斑鳩線北上~法隆寺東(右折)~(国道25号線東進)~今国府(左折)(大和中央道を北へ)~田中町北(左折)
駐車場 無料駐車場有
乗用車 147台   
バス 5台
障害者優先 3台

郷土の風俗慣習及びこれに伴う生活用具等で生活の推移の理解に欠くことのできない資料の保存と活用を図り県民文化の向上に資するため、1974年(昭和49年)に開館しました。  奈良(大和)に暮らす人々が、その風土の中で育み、改良工夫をかさねながら維持してきた生活用具など民具の数々を収集し、これらを保存、展示公開する博物館です。

安倍文殊院 | 安倍一族の氏寺!大化の改新創建の文殊様<奈良県桜井市>

安倍文殊院
住所 奈良県桜井市阿部645
観光地への公共交通機関(電車・バス) JRをご利用の場合

・名古屋~(急行)奈良(乗換)~桜井
・京都~(快速)奈良(乗換)~桜井
・大阪~天王寺~(快速)奈良(乗換)~桜井
・奈良~桜井(30分)
・難波~天王寺~(快速)高田(乗換)~桜井
・高田~桜井(15分)
・桜井~文殊院(タクシー)
・桜井~文殊院(奈良交通バス)

===

近鉄をご利用の場合

・特急:難波~上本町~八木(乗換)~桜井
・特急:京都~西大寺~八木(乗換)~桜井
・特急:名古屋~八木~(乗換)~桜井
※八木駅で急行か準急に乗換する(行先:宇治山田、青山町、名張、榛原)
・急行:上本町~鶴橋~(四駅停車)~桜井
観光地へ車での経路 ・西名阪道路法隆寺ICより45分
・西名阪道路天理ICより30分
・南阪奈道路葛城ICより20分
・国道165号線
・阿部交差点より直ぐ。
駐車場 駐車場あり
普通車:500円
第一駐車場、第二駐車場合わせて約200台

孝徳天皇の勅願によって大化改新の時に、左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)が安倍一族の氏寺として建立した。日本三文殊の第一霊場(京都府・天橋立切戸の文殊、山形県・奥州亀岡の文殊)「大和安倍の文殊さん」としても名高い。大化元年(西紀645)倉梯麻呂が創建した安倍寺(崇敬寺)は、現在の寺の南西300メートルの地に法隆寺式伽藍配置による大寺院として栄えていた。現在「安倍寺」跡は国指定の史跡公園として保存されています。

つけ麺 いちびり | 名前はいちびりだけど味はいちびってないつけ麺のお店!<奈良県橿原市>

つけ麺 いちびり
住所 奈良県橿原市醍醐町263-1
観光地への公共交通機関(電車・バス) 耳成駅から徒歩約15分
観光地へ車での経路 奈良市内から走り、京奈和自動車道橿原北インターを降りて国道24号線を南下、土橋町南交差点を左折して約10分道なりに走り
葛本町東を右折して直進、醍醐西を左折約2、3分
駐車場 共用あわせて約60台

橿原神宮前にある、麺屋いちびりの系列店。 こだわりのつけ麺は、A(あっさり)とN(濃厚)にから選べる。 深みのあるつけ麺汁に全粒粉の麺をつけて食べる。麺はコシがしっかりしていて、食べ応えがあり、リピーターも多いようです。 愛想のいい店長さん?もステキなお店です。

葛木坐火雷神社(笛吹神社) / 隣には85代も続く宮司持田家の生家がある?<奈良県葛城市>

葛木坐火雷神社(笛吹神社)
住所 奈良県葛城市笛吹448
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄御所線忍海駅から徒歩約30分
観光地へ車での経路 南阪奈道路葛城ICを下りて、県道30号線を南に10分
山田交差点を越えて1,2分後右斜めへ右折して道沿いに約3分
駐車場 整備されたきれいな駐車場あり約20台止めれます。

葛木坐火雷神社(笛吹神社)の創建は神代とも神武天皇の御代とも伝えられている。 葛木坐火雷神社(笛吹神社)に伝わる旧記には、『笛吹連の祖 櫂子は火明命の後にして崇神天皇の十年 建埴安彦を討ちて功あり 天皇より天磐笛を賞賜せられ笛吹連の名を命ぜられる』とあり、崇神天皇の御代にはすでに社が鎮座していたされている。

孝女伊麻の碑 | 松尾芭蕉も手紙を送った親孝行な物語<奈良県葛城市>

孝女伊麻の碑
住所 奈良県葛城市南今市461
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄南大阪線磐城駅から徒歩約12分
観光地へ車での経路 西名阪「柏原インター」を降りて国道165号線を奈良方面に20分ほど走り、兵家交差点の次のT字交差点を左折して2、3分
駐車場 2、3台止めれる無料駐車場あり

伊麻は寛永元(1624)年に農夫の子として生まれた。4歳年下の弟がいた。幼くして母を失い、2人の子連れの継母を迎えた。 13歳で伊麻は農家、弟は商家の丁稚奉公に。姉弟は一生懸命働き、両親に尽くしたが、継母は家を出てしまう。成人して弟は桶屋を開き結婚したが、伊麻は生涯独身で糸を紡(つむ)いで働き続けた。 大和で流行した疫痢で父が病にかかり、医者にも見放された。伊麻は父の回復を神仏に祈り続けた。ウナギの肝が病気に効くと聞き、姉弟は川を探したが見つからない。それでも伊麻は看病を続け、ウナギを探した。 ある夜、台所の水瓶から水が飛び出る音で目を覚ました。瓶の中を見ると大きなウナギが入っていた。父に食べさせると、たちまち全快。残りのウナギを村人に分けて多くの命を救ったとされる。「伊麻の父を思う心が神仏に通じた」と誰もが伊麻に感謝した。 この話を聞いた松尾芭蕉も、伊麻のもとを訪ねた。「今回の旅は伊麻に会ったことで充分だ」。芭蕉は友人に手紙を書いたという。伊麻は父が死ぬまで孝行を続け、晩年は仏門に入り名を妙徳(みょうとく)と改め、81歳で亡くなった。

綿弓塚 | 松尾芭蕉の野ざらし紀行で詠んだ句の石碑がある場所<奈良県葛城市>

綿弓塚
住所 奈良県葛城市竹内604
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄南大阪線「磐城」駅下車 徒歩15分
観光地へ車での経路 西名阪「柏原インター」を降りて国道165号線を奈良方面に20分ほど走り、竹内交差点の次の交差点を右折して2、3分
駐車場 無料6台程度

綿弓塚は、「野ざらし紀行」に「綿弓や琵琶に慰む竹の奥」とあり、この時代の好句を記念するため、芭蕉の没後150年を経た、文化六年(1809年)十月に建てられたもの。 この地は、芭蕉の門人「千里」の郷里で、芭蕉は貞興善庵に滞在している。その間當麻寺に参拝し諸仏を拝んだ。更に元禄元年(1688年)春再び訪れて、孝女伊麻に会って、その親を思う美しい心にこの上なく感激し、「よろづのたつときも、伊麻を見るまでのことにこそなれ。」と友人に手紙を送っている。

石光寺(染寺) | 中将姫の旧跡で花が綺麗なお寺<奈良県葛城市>

石光寺(染寺)
住所 奈良県葛城市染野387
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄南大阪線・二上神社口下車し国道165号線加守交差点へ向かい交差点を左折徒歩15分ほど歩き、染野北交差点右折、徒歩約3分。
観光地へ車での経路 西名阪香芝インターを降りて国道168号線を南下、約15分ほど道なりに進み良福寺交差点を右折、新在家北を左折、染野北交差点を右折し約1分。
駐車場 無料駐車場5、6台程度のスペースあり

天智天皇の時(670年ごろ)に、この地に光を放つ三大石があり、掘ると弥勒三尊の石像が現れた。勅願により堂宇を建立し「石光寺」の名を賜わり役の小角が開山となり弥勒如来を本尊として祀ったのがはじまり。 聖武天皇の時(750年ごろ)に蓮糸曼荼羅を織った中将姫が、この寺の井戸で蓮糸を洗い五色に染め、桜の木にかけて乾かしたというので、この桜を「糸かけ桜」、井戸を「染の井」、またこの寺を「染寺」ともいい、二上山頂まで「しめ」という。 南門前には創建当時(白鳳期)の無類の形式を持つ塔心礎が遣っている。

森と水の源流館 / 川上村の森と水の歴史を伝える場所<奈良県川上村>

森と水の源流館
住所 奈良県川上村宮の平
観光地への公共交通機関(電車・バス) ●東京・名古屋方面から
近鉄名古屋…… 近鉄特急
(約2時間50分) ……大和上市…… バス
(約30分) ……湯盛温泉・杉の湯…… 徒歩
(5分)
●京都方面から
京都…… 近鉄特急
(約1時間35分) ……大和上市…… バス
(約30分) ……湯盛温泉・杉の湯…… 徒歩
(5分)
●大阪方面から
大阪阿部野橋…… 近鉄特急
(約1時間10分) ……大和上市…… バス
(約30分) ……湯盛温泉・杉の湯…… 徒歩
(5分)
●和歌山方面から
和歌山…… JR
(約1時間30分) ……吉野口…… 近鉄特急
(約20分) ……大和上市…… バス
(約30分) ……湯盛温泉・杉の湯…… 徒歩
(5分)
※上記時間には待ち時間は含みません。
※所要時間は時間帯等により異なる場合があります。
※平成27年10月1日より奈良交通バスの路線が廃止になり、代替交通として川上村やまぶきバス、吉野町スマイルバス、南部地域連帯コミュニティバス「R169ゆうゆうバス」が運行されます。詳しくは、川上村役場または奈良交通株式会社へお問い合わせください。
観光地へ車での経路 ●名阪国道 針インターから……………………………約1時間10分
●京奈和自動車道 橿原北インターから………………約1時間
●京奈和自動車道 五條北インターから………………約50分
●南阪奈道 葛城インターから…………………………約1時間
駐車場 建物の下に20〜30台止めれる無料駐車場有

吉野川源流部約740haに広がる水源地の森・三之公天然林の管理先であり、の豊かな森と水の恵みを体感できる施設。川上村が南部の水の源だとわかることが出来る観光スポット。

吉水神社 | 桜の名勝一目千本でも有名な南朝首都でもあった場所<奈良県吉野町>

吉水神社
住所 奈良県吉野町吉野山579
観光地への公共交通機関(電車・バス) 大阪方面から
近鉄南大阪線阿部野橋から吉野駅(約1時間)
京都方面から
近鉄近鉄京都線京都駅から吉野駅(約2時間)
吉野駅から
ロープウェイ吉野山駅下車(約5分)
吉野山駅下車後、徒歩約35分
観光地へ車での経路
駐車場 駐車場: 数台分(下千本駐車場の利用が安全です)

金峯山寺の子院で吉水院ともいった。南北朝時代はここが皇居で後醍醐天皇が住まわれていて、北朝と争っていた場所。ここは、南北朝時代でも、源氏の兄弟で争った義経でもゆかりが深く、安土桃山時代には太閤秀吉の花見本陣があった場所で、古い昔から歴史を見続けている場所です。現在も一目千本で有名な桜の名所でもあります。平成16年7月7日、吉水神社書院(重文)が世界遺産に登録された。奈良が誇る一目千本でも有名な吉野山にある、観光スポット。

又兵衛桜 / 桜の見頃は4月上旬!後藤又兵衛の屋敷に咲く華やかなまつりもある穴場スポット<奈良県宇陀市>

又兵衛桜
住所 奈良県宇陀市大宇陀本郷
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄榛原駅から奈良交通「大宇陀」行バスにて17分、「大宇陀」終点下車、徒歩約20分。
観光地へ車での経路 大阪・名古屋方面から:
名阪国道(針IC)から、国道369号線、市道、国道370号線を経由し、国道166号線大宇陀へ(大宇陀温泉あきののゆ・宇陀CC・阿騎野GCの看板どおりに、大宇陀・吉野方面へ南進)、国道166線に入れば各所に桜の案内板あり。針から約40分。

三重方面から:
国道165号線、国道370号線を経由し国道166号線(大宇陀)へ(大宇陀温泉あきののゆ・宇陀CC・阿騎野GCの看板どおりに、大宇陀・吉野方面へ南進)、国道166線に入れば各所に桜の案内板あり。
駐車場 普通車500円~
大型車3,000円
※周辺に民間駐車場約500台

又兵衛桜は諸説ありますが、大坂夏の陣・冬の陣で敗北したあと落ち延びた後藤又兵衛の屋敷があった場所に咲く桜。 場所は、奈良の大宇陀、本郷地区に咲いており樹齢300年の大木。開花時期は3月末から4月上旬。宇陀市で桜のお花見をするには必ず行かないと行けない観光スポット。

奈良文化財研究所 飛鳥資料館<奈良県明日香村>

住所 奈良県明日香村奥山601
観光地への公共交通機関(電車・バス) ♦近鉄橿原神宮前駅、飛鳥駅から「明日香周遊バス(赤かめ)」で飛鳥資料館下車。

♦観覧時間: 9:00〜16:30(入館 16:00まで)

♦休館日 : 毎週月曜日(祝日と重なれば火曜日)
観光地へ車での経路 南阪奈自動車道 葛城ICから 約30分
西名阪自動車道 天理ICから 約40分
京名和自動車道 郡山ICから 約35分
駐車場 観覧者用の無料駐車場(普通車11台)があります。

飛鳥資料館は、日本人の心のふるさと「飛鳥」の歴史と文化を紹介する資料館です。明日香村にある奈良文化財研究所飛鳥資料館は、飛鳥の歴史を知るためには欠かせない観光スポット。

室生寺 / 龍神を守るために創建されたシャクナゲでも有名なお寺<奈良県宇陀市>

室生寺
住所 奈良県宇陀市室生78
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄室生口大野駅から室生寺前行きバス終点下車徒歩5分
観光地へ車での経路 針インター(交差点)を左折して 国道369号線へむかう。
外の橋(交差点)を左折して県道28号線に入り緑川(交差点)を左折して国道165号線に入る。
室生寺入口(交差点)を右折して県道28号線を直進。
針インターから約30分。
駐車場 普通車100台、大型バス10台  ※有料

奈良を観光するのに、室生寺に行かない手はないです。室生寺は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。春は桜、秋は紅葉と四季を通して楽しめる、奈良県宇陀市を代表する観光スポット。

長谷山の守り神として鎮座する | 長谷山口坐神社<奈良県桜井市>

長谷山口坐神社
住所 奈良県桜井市初瀬4593
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄大阪線長谷寺駅を下車、徒歩約10分
観光地へ車での経路 大阪方面から
西名阪自動車道を天理インターで降り、国道169号線を桜井方面へ。
桜井市内で国道165号線へ左折(東進)。
初瀬西の信号を左折し門前町へ。

名古屋方面から
名阪国道を針インターで下り、国道369号線を榛原・桜井方面へ。
榛原で国道165号線を右折(西進)。
初瀬西の信号を右折し門前町へ。
駐車場 近隣に有料駐車場あり

長谷山口神社は長谷山の鎮の神として、太古より大山祇(おおやまつみ)の神を祭神としている。第十一代垂仁天皇の御代倭姫の命を御杖としてこの地域の「磯城磯城厳橿の本」に約八ヶ年天照大神をおまつりになった時、随神としてこの地に天手力雄の神、北の山の中腹に豊秋津姫の神を祀る二社を鎮座せられた。

松山西口関門<奈良県宇陀市>

松山西口関門
住所 奈良県宇陀市大宇陀区下茶215-3
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄大阪線「榛原」駅より 大宇陀行きバスで「西山」下車 徒歩10分
観光地へ車での経路 ●名阪国道針インターから約30分
 国道369号を宇陀市方面→国道370号
 →国道166号
●南阪奈道美原北インターから約40分
 大和高田市経由
  国道24号を橿原方面→国道165号 
  →国道166号」
駐車場

松山西口関門は、松山城大手筋にあたる西口関門です。

丹生川上神社中社 / 奈良で雨が降らない時はすぐここに来るべき!<奈良県東吉野村>

丹生川上神社中社
住所 奈良県東吉野村小968
観光地への公共交通機関(電車・バス) 近鉄大阪線榛原駅から、奈良交通バス(四郷大又行き)で「蟻通」バス停下車
観光地へ車での経路 西名阪自動車道「天理IC」よりR169で桜井、R165で大宇陀を通り、R166で東吉野村へ。
名阪国道「針IC」よりR369で榛原方面、R370で大宇陀を通り、R166で東吉野村へ。
東吉野村からは、県道16号・220号を南下
駐車場 境内に無料駐車場あり。

主祭神は水一切を司る神様で水利の神として信仰され千三百年余り前の白鳳四年(675年)「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」との御神教により創祀せられ、雨師の明神、水神宗社として朝廷の崇敬された。

レインボープラザ西大和 | 奈良県最大のダイソーが入ってる商業施設<奈良県上牧町>

レインボープラザ西大和
住所 奈良県上牧町服部台5-3-1
観光地への公共交通機関(電車・バス) ・JR大和路線 王寺駅
 南側バス乗り場 奈良交通バスで約15分
 上牧役場行、上牧出合行、五井堂駅行、
 服部記念病院行=服部バス停下車
・近鉄大阪線 五位堂駅より
 奈良交通バス(JR王寺駅行)約10分
観光地へ車での経路 ・西名阪自動車道 香芝ICから約10分
 「香芝インターチェンジ上中」の信号を左折後すぐ
 上中北の信号右折(ほぼUターンの細い道です)、
 西名阪高速道路下を越えてすぐ左折、約2500mほど直進
 次の信号右折して直進するとローソンが左手に見えます
駐車場

奈良県最大のダイソーが入っている商業施設です。 現在はほぼダイソーへのお客様のみですが、以前は金商や大きいゲームセンターが入っていて、 お客様も多かったですが、今は閑散としています。

広告

ならかんのおすすめ奈良観光地

龍隠れの里に眠る秘宝イベント

龍隠れの里に眠る秘宝イベント

室生寺で毎秋に行われている、室生寺のライトアップと2019年11月22日(金)~24日(日)までは龍神伝説ドラゴンナイトウォークというイベントが行われている。 2019年のライトアップは 11月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、22日(金)~24日(日)、29日(金)~12月1日(日) で開催。 開催中は、室生寺仁王門にて光るボディーペインティングや、拝殿には龍神様が出現したり、スタンプラリーが行われています。

つのや

つのや

奈良の新名物!鹿の形をした生モナカが有名なお店です。鹿ソフトも大好評。 生モナカの賞味期限は5分!生モナカ、鹿ソフトはお持ち帰り出来ないですが、 バナナ味の鹿の角フィナンシェはお土産に最適!お店の前には記念写真用の角もあり撮って帰るだけでもOK 株式会社つのやは企画デザイン会社のCEOがやられているそうです。

すばとり

すばとり

2017年12月15日にOPENした、九州地鶏にこだわったから揚げと手羽先を販売しているお店。 国道168号線沿いにあり、長尾西交差点で信号待ちをしていると目がいきます。 九州にこだわり、九州の地鶏と味付けをしているとオーナーがおっしゃっておりました。 味付けは醤油であっさりしていて、お店の中で揚げており、出来立てのから揚げを食べることができる。

たびじたく

たびじたく

もちいどの商店街から路地に入った古民家を改築して作られた商業施設2Fにあるお店。店内はこじんまりとしているが、奈良では珍しく御朱印帳がずらりと並んでいる。 その他、旅に欠かせない小物などもあり、色々買いたくなるお店。 オープンは2018年5月12日と新しく、お店もきれい。

柳澤(柳沢)神社

柳澤(柳沢)神社

柳澤神社は徳川家で大老格まで出世した柳澤吉保がご祭神の神社。明治13年に創建されました。

大迫ダム

大迫ダム

奈良県川上村にある、吉野川最初のダム。これにより、大和平野、紀伊平野が潤った

天香山神社

天香山神社

奈良県橿原市にある天香山神社、大和三山の1つ天香久山の麓に鎮座する神社です。天から降ってきた山の麓にある神社としても有名

s